ページ

2017年1月22日日曜日

殺伐とした中にチーズケーキを投入してみた


「最近、職場(デイケア)が殺伐としていて、毎日誰かが何かの文句や悪口を言っているので、ふと思い立って、今日はチーズケーキを焼いて行った。

仕事終わりの甘いもの。

みなさん喜んで食べてくれた。
今日の勤務は9人と思って、9等分しておいたけど8人だった。
だから、余った1ピースをさらに一口サイズに切り分けて、それもみんなで分け合って食べた。

「おいしい〜♪」と言って、みなさんパクパク食べてくれた。

同じ釜の飯を喰う、でもないけれど
どうせシェアするなら、悪口や文句ではなく、美味しいものや喜びのあるものの方がずっといい。」

というような記事をフェイスブックにアップしたら、思いのほか反応があり、コメントがついてびっくりした。

チーズケーキを焼いたのは久しぶりにお菓子を作りたくなったからで、それなら職場に・・と思ってのことだったけど。

こうして振り返ると、殺伐とした雰囲気の中にいて自分が壊れそうだったから、それをどうにかしたかったんだなー。。

イライラとクヨクヨが氾濫して、毎日体もこころもボロボロになる。

そんな状況を選んでいるのは、まぎれもない自分自身。

自分で創っている環境だから、自分で変えられる。

だから、私は自分のエネルギー投資の対象をイライラから喜びに変えた。

それでもいつもの癖で、すぐに不安になったり猜疑心に飲み込まれたりしてしまうけど、少しずつ少しずつ「でっきるかなー?」てな感じで自分の思考パターンを前向きなものにしていこうと思う。

自分の生きたい世界は、自分で創れるのだ、というか100%自分で創っているんだ、と体感した出来事でした。




2 件のコメント:

  1. 2月で終わりなんですね。残念です。できうる限り、参加させていただきます。

    伊澤直子

    返信削除
  2. 2月で終わりなんですね。残念です。できうる限り、参加させていただきます。

    伊澤直子

    返信削除