2016年7月3日日曜日

7月10日は選挙にいこう!福井について思うこと

今まで「なんとなく」選挙に行っていました
選挙に行っておかないと「ちゃんとした大人」じゃないような気がして


でも政治そのものに興味がなくて
自分にはあまり関係ないし
誰かがいいようにしてくれるだろう


そんな風に思っていました


でも、ヨガを教えるようになってから
「自分に何ができるのか」
「自分が望むものは何か」
を考えるようになり

自分の人生を生きる、とか
自分を大切にする、とか
みんなが幸せになる、とか

そんなことを想い描きながら
今も試行錯誤している訳ですが

その流れで今まで見てこなかった
社会の有り様に意識が向くようになりました

それでもまだ
「なんとなく、ぼんやり」していて
社会のため、と言っても自分がまずできるのは、毎日を丁寧に生きることや自分のこころと体を健康にすることなのかなーと思っていたし

自分の想いは自分のヨガクラスでこじんまりと伝えたらいいと思っていました

それはそれで大切なのだけど。。。

******

去年の11月に福井で「味噌作りツアー」に参加しました

主宰者は関東在住の知り合いのヨガの先生で、大好きな先生と地元福井で味噌が作れる!という気持ちで、参加を決めました

ツアーの参加者は私以外、全員県外の出身者で、社会問題や日々の暮らしに対してとても意識の高い方ばかりでした

そんな方に囲まれながら、地元福井を観光したり、有機味噌を作ったりして2日間を過ごしたのですが、いつも帰省する福井の感じとはだいぶ違う感覚でした

食の話、原発の話、自然と共存すること。。今まで「なんとなく」見聞きしていたことが普通に会話に出て来る、自分の言葉で想いを語っている、そんな雰囲気に圧倒されました

あぁ、私は何にも世の中のことを知らないのだ、と思いました

車での移動中、福井駅前で脱原発のデモに遭遇したときのこと。車内で一同に賛同の声をあげているのを、私はだまって聞いていました。賛成とも反対とも言わずに。

参加者のみなさんは、「福井は食べ物も美味しいし、人もあったかいし、素晴らしいところ!」と感動されていて、少し居心地が悪かったのも覚えています

「福井には刺激がない!」と新しい世界を見たくて、県外の大学に行き、イギリスに行き、「福井は故郷だけど、住みたいとは思わない」と思って生きてきました

昔から、家庭や職場、友人とも政治の話をすることはなかったし、原発の話もほとんどしませんでした。職場でイギリス留学すると言ったら「そんなことしてたら、いつまでたっても結婚できないよ」と言われて、あぁもう福井を出たことのない人とは価値観は合わない、と思っていました

そんな福井を、今までとはまた違う目線で見ることになった味噌ツアー

住んでいないから、口出ししない方がいい
何か意見したら、「どうせ福井に住んでないでしょ」と言われそうで怖い

そんな後ろめたさがあるんだと、はじめて気がつきました

私は福井を離れているけれど、福井の人にも幸せになってもらいたいし、日本中、世界中の人が安心して平和に暮らせる社会になってほしいと、心から思っています

もっと世の中のことに意識を向けていこう、と思うきっかけになった貴重な体験でした

******

そんな中での7月10日の参院選

東京選挙区で立候補されている三宅洋平さんや、山本太郎議員の演説が毎日アップされています

政治家の話は何を言ってるのか、さっぱり分からないと思っていたけど、この2人の話はとても分かりやすいです

政治は国民のものだということ、今の政治がどういう状況なのか、をちゃんと自分の言葉で伝えてくれていて、目が覚める想いがします

発信源が「愛」です

どうやったら、自分を大切にすることを伝えられるか、、と考えていたけど、そもそも自分を大切にすることがとても難しい世の中のシステムになってしまっているのです

私は三宅洋平さんや山本太郎さんを応援するし、ぜひ国会で話をしてもらいたいです

そして、福井では横山たつひろさんに頑張って頂きたいです

インターネットで演説動画もたくさんアップされているので、多くの人に耳を傾けてもらいたいです

まだまだ知らないことがあって、勉強も必要だけど

よりよい社会になるように、自分の意識も高めていきたいと思います

まずは、今週、期日前投票に行ってきます

7月10日、国民の正直な気持ちを票に表しましょう!




0 件のコメント:

コメントを投稿